相場の動きを都合良くコントロールする作為的相場形成

株式市場では、不自然な動きを禁止する傾向にあります。作為的相場形成も行ってはいけないと定められている取引の一つであり、自分が有利な状況に相場を動かす行為です。しかし、株式取引ではもうけを出すことが目的の一つであり、動きを予想することは誰もが行っています。

もちろん、予想するだけなら問題はありませんが、実際に相場の動きをコントロールすることは認められていません。具体的には、自分が持っている銘柄の株価を釣り上げて、高値で売り抜ける行為などが代表例です。

必ずしも高値に持っていくとは限らず、信用取引を行う場合には意図的に値下がりさせることも不正となっています。他に、株でもうけを得るとは少し異なりますが、決算期に所有している銘柄を値上がりさせて評価を高めるという動きも作為的相場形成と判断されるでしょう。

似た言葉として、相場操縦があり、こちらも相場の状態を操作するタイプの不正ですが、他の投資家に誤解させることで利益を得るのが特徴です。作為的相場形成も不当に利益を得る行為には違いはなく、他人をだますという要素を持っています。しかし、だまして利益を得るというタイプの不正ではなく、何の目的で他の投資家の目を欺くかが相違点です。

何を以て作為的と判断されるか、それは金融商品取引所や証券取引等監視委員会からの依頼を受けた証券会社が判断することとなります。例え不正をする意志がなくても、客観的に見て利益の為に市場をコントロールしていたと認められる可能性はあり、特に気を付けなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ