不正に株価の釣り上げ、引き下げを行う市場関与

株式市場では、様々な不正を不公正取引と呼んで禁止しており、その中の一つが市場関与です。不正にも種類が色々ありますが、株式市場で禁止されているのは、他の投資家をだます目的のものとなっています。市場関与も、他の投資家をだます行為であり、株価を意図的に釣り上げたり、逆に引き下げたりする不正です。

不正が行われるのは特定の銘柄であり、意図的に多数の注文を約定させるという手口が良く使われています。出来高の少ない銘柄に、多数の注文が入った場合は価格が大きく動くことも多く、値上がりしている、或いは値下がりしていると他の投資家に錯覚させるという不正です。

そのことを知らない投資家が、大きく変動している株価を見て手を出すということもあるので、この行為は固く禁じられています。証券会社は常に不正を監視しており、場合によっては不公正取引を行っているつもりがないのに警告が来るということもあるので注意が必要です。

不公正取引と判断されるか否かは、市場関与率という数字で判断されることが多く、特定の銘柄の取引にどれだけ関わっているかが表れます。
個人の取引数を出来高数で割って算出し、この数字が高くなればなるほど疑われる可能性が高めです。

大企業の場合は、多数の投資家が売買を行っているので、個人の取引数が際立って高いという事態に発展することは殆どありません。しかし、出来高数の少ない中小企業の場合は高くなりやすいので、疑われないよう注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ