東京証券取引所では一部から二部への降格を指す指定替え

上場している銘柄の場合、状況によっては所属している市場を変えることも珍しくありません。このように所属の市場が変わることは指定替えと呼ばれており、一般的には東証の二部から一部といった形に昇格するというケースで多く使われています。

しかし、場合によっては二部に降格してしまうケースもあり、定められた条件を満たせなくなった銘柄は指定替えの対象です。
様々な条件を満たしていないと一部に留まることは出来ず、特に株主数で引っかかることが多めとなっています。

市場は一部、二部の他にマザーズ、JASDAQという区分もあり、所属がどのように変わるかで使う言葉が変わってくるのが特徴です。指定替えという言葉が使われた場合、一般的には所属の市場が変わることですが、東京証券取引所が定めている定義では、一部から二部に降格することとなっています。

逆に二部からの昇格が決まった場合は一部指定という言葉が使われ、その名の通り一部に指定されるという意味合いです。マザーズ、JASDAQから市場の一部、二部への昇格が決まった場合は市場変更という言葉が使われ、どれも意味が異なっているので注意する必要があります。

降格してしまうこともあるように、市場に所属する為の条件は厳しいものの、だからこそ昇格してくる銘柄が出てきた場合には注目を集め、一気に高騰するケースもあるのが特徴です。しかし、昇格の発表を行った場合でも下落する銘柄も存在しており、必ずしも株価が上昇するとは限りません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ