仕手株は仕手筋が釣り上げのターゲットとして狙う銘柄

株式市場では不正が禁止されているものの、実際には不当な株価の釣り上げが存在しています。そのような取引を行っている人物、或いは集団を仕手筋と呼んでおり、仕手筋がターゲットとして選ぶ銘柄が仕手株です。

ターゲットはどの銘柄でも良いというわけではなく、選ばれやすい銘柄が存在しており、基本的にはあまり取引が行われていないものが良く使われています。
まず、誰でも知っているような大企業の株、或いは投資家なら必ず抑えるような株が使われることはあまりありません。

有名なものは目立つ動きをした場合に注目されやすく、株価を操作しにくい銘柄と言えるでしょう。その為、ターゲットとして選ばれるのはあまり知られていない、取引されていないもの、或いは知名度こそ高いものの悪評もあるので価格が乱高下してもさほど不自然ではない銘柄となります。

仕手株が決まった場合、基本的には集団でその株を買い占めに走り、その結果として株価が大きく上昇することも珍しくありません。普通の買い物でもその傾向がありますが、株式市場でも手に入らないものは値上がりすることが多く、買い占められると需要が高まり株価は上昇することがあります。

一度値上がりすると、投資家からの注目も浴びるので、更に値上がりすることも多いですが、天井の付近で仕手筋は空売りを仕掛けるので後は暴落する可能性が極めて高いです。一般の投資家が気を付けなければいけない銘柄であり、不自然な動きをしている株式には注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ