場での取引数が少なく、扱いが難しい品薄株

株式の世界でも品薄という状態が存在しており、株式市場に上場しているものの、取引数が少ない銘柄は品薄株と呼ばれています。品薄で取引が困難な銘柄は、二つのタイプに分けられることが多く、一つは株式の総数が少ない場合です。

株があまり発行されていない場合は、当然ですが投資家が買いたいと思ったとしても買えないケースが多くあります。
そしてもう一つは株が多く発行されているにも関わらず、市場にはあまり流れてこないというケースです。

一般的に市場に出回っている株は浮動株と呼ばれており、投資により儲けることを目的として売買されています。それに対して特定株と呼ばれる株もあり、こちらは基本的に株主が売却することは少ないのが特徴です。

役員、或いは金融機関、関連会社が所有しているという場合が多く、これらが市場に出回ることはあまりありません。その為、株式の発行が多い会社であったとしても、特定株の割合が多い場合は品薄になることもあります。品薄株と分類されている銘柄は、取引数が少ない為に日々の取引の中で株価が大きく動くことはあまりありません。

しかし、あまり出回っていない為に、一度大きく動いた場合は急騰する、或いは急落することもあり、扱いには注意が必要です。そして、品薄株の中でも株式の総数が少ないタイプの場合は、すぐに売れないという危険性をはらんでいます。取引数が少ないので、すぐに売れない、希望の価格で売れないという可能性がある銘柄です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ