品借り料は空売りの株式が足りない時に発生する

株式の投資を行う場合、空売り、空買いという手法が用いられます。空買いを行う場合、証券会社に担保として有価証券を預けることとなり、この担保は空売りを行う方に回されていますが、両者のバランスが崩れてしまうと株式が足りないことも珍しくありません。

株式が足りない場合、証券会社は証券金融会社から株式を借りて用意しますが、その際に費用がかかってしまいます。
品借り料とはこの費用のことを指しており、信用取引の売り手から見た場合には逆日歩とも呼ばれることがあるものの、同じものです。

通常は、空買いを行う方が利息を払い、空売りを行っている方が利息を受け取り、この金利は日歩と呼ばれています。しかし、逆日歩が発生している場合には、逆に空買いを行っている方がお金を受け取るのが特徴です。

金融業界には「逆日歩に買いなし、逆日歩に売りなし」という言葉が残っており、品借り料が発生している時には注意する必要があります。逆日歩が発生している銘柄は、売りの注文が大きく上回っている状態であり、その為に逆日歩の負担が増えやすく、厳しい判断を迫られる場面です。

品借り料は一定の金額というわけではなく、証券会社が多く株式を借りれば増えるので、この費用に苦しめられることとなります。利益を得る為に空売りを行っていたのに、逆に支出が増えていくことも多く、高値で買い戻さざるを得ないというケースも多い、危険な状態です。この状態は株価も乱高下しやすく、取引の際には注意しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ