証券会社の口座の名義人以外が取引を行う、借名取引

証券会社は不正に対して常にチェックを行っており、特に注意しているのが借名取引です。名を借りるという言葉通り、証券会社の口座の持ち主以外の方が株の取引を行う、素性を隠して本名以外の名義を使う不正となっています。

これらの不正は、脱税やマネーロンダリングを引き起こしかねないことから固く禁止されており、法律にも違反しているので身分については証券会社のチェックが特に厳しいポイントです。

意図的に正体を隠すということが問題なのは当然ですが、中には犯罪を行うつもりではないのに借名取引を行っている場合もあります。友人、或いは知り合いに株に詳しい方がおり、その方を特別に信頼しているという場合には資産の運用を任せるということもありますが、この場合は株に関わらなければ問題はありません。

しかし、株の運用を行っている場合は法律違反であり、発覚した場合には処分が下ります。口座の名義人の方以外が株の取引を行うことは禁止されており、委任していたとしても不正であることに変わりはありません。株式投資は、必ず口座の持ち主が、自身の資金で行わなければいけませんので、他人が関わることは禁じられています。

また、口座の持ち主以外の人間が株式投資に関わっているというケースもあり、中には一つの口座を複数の人間で利用するという事例もありますが、これも借名取引に当たる問題行為です。証券会社から本人以外の人間が使っているという疑いがかかったら、取引が制限されることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ