証券コードは上場した企業に対して与えられる数字

証券コードは、上場した企業に対して、日本証券コード協議会が付与する特定の数字のことです。日本で良く使われている銘柄コードの場合、使われるのは0から9までのアラビア数字のみであり、会社毎に異なる4桁の数字が与えられます。

業種によって番号が変わり、1300番台なら水産業か農業、1500番台なら鉱業、1700から1900番台なら建設業といった風に分類されていましたが、上場する会社の数が多くなったので、新規に上昇する会社には2000から4000番台が割り振られることが多めです。

元々は2000番台は食品業、3000番台は繊維業、4000番台は化学メーカー、薬品メーカーに割り当てられていました。この銘柄コードは、検索の際に使われ、東京証券取引所を始めとした金融商品取引所や、Yahoo!を始めとして株式の情報を扱っているサイトで番号から銘柄を調べることが可能です。

日本国内ではこの銘柄コードだけでも問題はありませんが、世界の基準となっているのはISINコードとなっています。この新しい識別方式が日本で導入されたのは1993年のことであり、ローマ字2字と、アラビア数字10桁で構成されているのが特徴です。

先頭のローマ字2字は国を表しており、それに続く数字9桁は新証券コードと呼ばれています。最後の1文字はチェックディジットと呼ばれている、データが正確かを確認する数字なので、データとしては使われていません。会社の情報を調べる場合には9桁の数字を使うこととなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ