処分売りは損切りとも呼ばれ、損を確定させる売り

株式を始める投資家にとって、最初の関門となるのが、購入した株式の値下がりです。いずれ上昇するのではと期待してしまって手放せないというケースは良くあり、結果的に大損を記録することも珍しくありません。そのような、期待とは裏腹に株価が下がっていった場合に行われるのが処分売りであり、損切りと呼ばれる場合もあります。

含み損の場合は、まだ損が確定しているわけではないので、そのことも影響して見切りを付けられないという事態に陥るケースも多く、投資家が躓きやすいポイントです。もちろん、株価が下降していった場合でも、資金に余裕があるなら待つのも手ですが、銘柄の購入で資金の多くを使ってしまい、自由に使えるお金が少なくなるケースが多くあります。

その為、新しい銘柄を買うということが出来ず、結果的に処分売りが出来ないことで追い詰められるというのは、株を始めた方が経験しやすい典型的なパターンです。

待っていれば株価が上昇するというケースも多くあるので、含み損が発生したらすぐに売るのが正しいというわけではありませんが、抱えていることで身動きが取れなくなるなら処分を検討するべき状態となります。

これ以上の損失を防ぐという意味合いで使われることが多いものの、本来の意味は損を承知の上で株式を売却することです。倒産するかもしれない、業績が急激に悪化している、不祥事が発覚したといった理由で急落した銘柄を処分売りする、といった使い方もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ