新たに市場に上場する銘柄を指す、新規上場株式

新規上場株式とは、その名の通り、今まで市場に上場していなかった企業が、新規に上場する場合の株式です。英語で表す場合は「Initial Public Offering」なので、頭文字を取ってIPOと略されることもあります。

大きく分けて二種類のパターンが存在しており、一つは新規に株式を発行することはなく、既存のものを市場に放出することで取引を始めるパターンです。
しかし、こちらのパターンが使われることは少なく、多くの場合は二つ目の、上場の際に新規の株式を発行して資金を募るパターンとなっています。

企業が新たに上場する場合、最初の価格はブックビルディング方式で決められることが多めです。ブックビルディング方式とは、まず機関投資家が仮の値段を定め、それを提示し投資家からの反応をうかがいながら市場に適した価格を調整していきます。

1997年までは競争入札方式のみが使われており、こちらは公開株式の50%を競争入札していき、その結果を基に公募価格を決定するという手法です。しかし、いきなりの高騰が多いという問題点が指摘されており、1997年より競争入札方式、ブックビルディング方式の選択制となりましたが、以降に競争入札方式が使われたことは殆どありません。

新規上場株式は、投資家からの注目を集め、また取引される株式の総数もさほどではないことが多いので、初値で高騰しやすいという特徴を持っています。しかし、中には値下がりする、あまり変わらないという銘柄もあるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ