深セン市場の中で、外国人向けに開かれている深センB株

深センB株とは、中国の深セン市場で取引が行われている株式の区分です。B株だけではなく、深センA株も存在していますが、そちらは一部の機関投資家を除けば現地の方しか利用出来ません。

元々は国内向けのA株しか存在していませんでしたが、後に外国人向けのB株が解禁されており、深センと上海の両市場ではB株に対して投資を行うことが可能です。
中国には他に香港にも市場があり、こちらも大きなマーケットですが、上海と深センとはやや特徴が異なっています。

中国株という名前が使われている場合は香港の株式を指すことが多く、中国本土株という名前が使われる場合は上海、深センの両市場で扱われているB株を指し、両者の主な違いは、取り扱っている証券会社の数です。

中国株を取り扱っている証券会社は10社以上が存在しており、個人投資家でも比較的入手が容易となっています。それに対して中国本土株を取り扱っている証券会社の数は非常に少なく、どうしても取引が行いたいという場合には新たに証券会社との契約が必要になるということも珍しくありません。

その為、日本人でも投資を行うことは出来るものの、中国株と比べるとハードルが高いのが特徴です。深センB株は、A株と比べると銘柄の数は非常に少なめですが、主要な企業や有名な企業の銘柄は揃っており、品揃えの面で不満を感じることは殆どありません。取引を行う場合に使われる通貨は香港ドルなので、為替の面でも注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ