信用売りは空売りとも呼ばれ、株券を借りて売却する取引方法

株式は、ただ購入して値動きをチェックすれば良いというものではありません。買い方や売り方にも色々な種類があり、中には現時点で株券を持っていない場合でも売るという手法もあります。それが信用売りと呼ばれる方法であり、空売りとも呼ばれる、株式投資を行う上でメジャーな取引法です。

株に限らず、普通の買い物でもお金と商品を取引することとなりますが、株式でもその原則は変わりません。その為、普通ならば株券を持っていないのに売ることは出来ませんが、信用売りを行う場合は証券会社が用意してくれます。証券会社は投資家に株式を貸し付けるので、投資家側は必ず担保を用意しなければいけません。

そして借りた株式を市場で売るのですが、売った時点で投資家の利益が確定するわけではなく、お金が手に入るわけでもないので注意が必要です。売却時点では借りた株を返していないので、この時に手に入るお金は証券会社が管理することとなります。

そして売った株は値上がりする、或いは値下がりするので、いずれかのタイミングで株を買って返済しなければいけません。
売った時の株価より値下がりしていれば、差額はプラスとなり、利益を確定させることが出来ますが、逆に値上がりしている場合にはマイナスを記録し、損が確定します。

信用売りの場合、株式は借りて売っているので必ず返済しなければならず、買い戻すのが一般的です。売った銘柄と同じものを同数用意するという返済方法もあり、こちらは現渡と呼ばれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ