信用売りの中で、決済されていない銘柄の数を表す信用売り残

空売りとも呼ばれる信用売りでは、株を借りて市場で売却することとなります。借りた株については買い戻すか、証券会社から借りた株式と同じものを用意して返さなければいけません。どちらにせよ、信用売りを行う場合は必ず株式を買うこととなり、返済までの期間は一般的に六カ月と定められています。

信用売りを行った場合、すぐに買い戻す必要はなく、この将来的に買い戻される予定の株式の数を表しているのが信用売り残です。この数字が大きいならば、信用売りを行っている投資家の方が非常に多いということを示しており、買い要因と判断されることが多めとなっています。

何故ならば、将来的には必ず株式を買い戻す必要があるので、現時点では買い戻されていない信用売り残も、返済の為に必ず買われるからです。その為、この数字が大きい場合には将来的にその株式が多く買われるという事実を表しており、その為に他の投資家も合わせて買うということが多くあります。

しかし、必ずしもその後の動きが分かるというわけではなく、出来高などにも目を向けなければいけません。多く取引される株式、さほどでもない株式というものが存在しており、多く取引されている場合は、未決済の株が短期間で処理されてしまうということもあります。

また、空売りと逆の取引方法である空買いについても考慮しなくてはならず、空買いの決済が行われていない買い残の数字によっては売り傾向になるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ