信用買いは、証券会社からお金を借りて株式を調達する取引

市場で魅力的な銘柄を見つけたけれども、資金が足りないという時に利用されるのが信用買いです。空買いとも呼ばれており、手元に現金がない場合に、証券会社から現金を融通して貰って株式を調達する取引方法となっています。

この手法の魅力は、手元にお金がなくても利用することが出来るという点であり、もし買った銘柄が値上がりすれば、大きく利益を確保することも可能です。デメリットとしては、一種の借金なので、無条件に借りて投資を行えるというわけではありません。

お金を借りるので、まず投資家は証券会社に対して担保を差し出す必要があり、これは委託保証金と呼ばれています。一般的には委託保証金として現金を預ける場合が多いものの、有価証券で代用することもできるのです。

そして、委託保証金の金額、委託保証金率によってお金をどの程度借りられるかが決まります。お金を借りたら株式を購入するという流れですが、信用買いを行う投資家が株券を入手するわけではありません。将来的には売却してお金に変わる予定の株なので、この場合に権利を持っているのは代金を一時的に立て替えている証券会社です。

そして株式を購入した後、多くの場合は六カ月以内に株式を売却して、借りていたお金を返さなければいけません。このことは返済売りと呼ばれており、株式を買った時の金額と、売った時の金額で決済が行われ、株価が上昇していたら利益を得ることが可能です。値下がりしていたら損が確定し、委託保証金が差し引かれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ