信用買い後の決済が済んでいない信用買い残

証券会社からお金を借りて株式を買う信用買いを行ったら、必ず信用買い残が発生します。信用買いを行う場合は、六カ月以内に決済を行って必ず証券会社にお金を払わなければいけません。信用買いを行って、まだ決済が行われていない株式の数を表した数字が信用買い残となっています。

この数字だけを見て、その後の株価の動きを予想することは出来ませんが、参考にはなるので、銘柄の情報の中でも特に注意したいポイントです。

現時点で買い残が売り残よりも多いならば、そこから読み取れる情報は、株価の上昇を期待している投資家の方が多くいる、将来的には多く売却されて値下がりする可能性が高い、の二つとなります。信用買いを行う場合は、証券会社から借金をして銘柄を買うので、逆に言えば借金をしてでも買いたい、値上がりするだろう、と判断している方が多いと分析することが可能です。

しかし、多くの方が値上がりを期待していても、実際にそう動くとは限りませんので、注意する必要があります。そしてもう一つの情報が重要であり、信用買い残が多い場合には値下がりする可能性が高めです。まだ決済されていない株式が多く残っているということは、将来的には売られる株式が多いということを表しています。

その時の株価は高くなっているかもしれませんし、逆に値下がりしているかもしれませんが、値動きに関わらず売却の必要があるのは確かです。その為に、他の方も便乗して売ることが多く、値下がりする可能性が高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ