信用残は買い残、売り残で構成されており、動きを予測する際に重要となる

証券会社からお金を借りて銘柄を買う空買い、銘柄を借りて売却する空売りの手法は、金融業界ではスタンダードな取引方法です。この二つは信用取引と呼ばれており、株価の動きを予測出来るならば有効な手法となっています。信用取引は、普通に株式を行う場合と決定的な差があり、必ず反対売買を行わなければなりません。

ある銘柄を普通に購入した場合には、投資家に権利が移り、そのまま保有し続けるという選択も可能です。しかし信用取引では、証券会社から何かを借りているという性質を持っているので、必ず売るか買うかの取引を行って返済を行う必要があります。

まだ決済が行われていない株式の数を表しているのが信用残であり、空買いの決済が済んでいない買い残、空売りの決済が済んでいない売り残で構成されているのが特徴です。

この両者の数によって将来的な動きを予測することが可能ですが、株価は予想外の動きを見せる場合もあるという点には注意する必要があります。一般的に、買い残の数が増えていき、売り残が減っていくならば、株価は上昇する可能性が高いと判断される局面です。

逆に売り残が増えていき、買い残が減っていくならば株価は下落すると判断されることが多くなっています。買い残が増える場合は値上がりすると見込んでいる投資家が多く、売り残が増える場合は値下がりすると見込んでいる投資家が多い証左です。実際には、この信用残に加えて業績、為替といった要素も株価に絡んできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ