ストックレンディングは投資家が株式を証券会社に貸すこと

ストックレンディングとは、株券を証券会社に貸すことです。貸株サービスと表記されることも多く、投資家は証券会社に対して株を貸し、代わりに手数料を受け取ることが出来ます。株式を持っていて、かつ売却する予定がない場合には貸し出すことが利益を発生させることが可能です。

投資家が貸し出した株式については、他の投資家の方の空売りなどに使われています。ストックレンディングのメリットは、手数料により利益が得られることであり、貸し出したら特に何もしなくても恩恵を受けられる可能性があります。

もちろん、デメリットも存在しており、最大のリスクは証券会社が倒産してしまうなどの理由で株券が戻ってこないという信用リスクです。基本的に、証券会社に現金や株式を預ける場合、投資家の資産は証券会社の資産とは別に管理されているので、仮に破綻したとしても資産が戻ってこないという事態には殆どなりません。

しかし、株式を貸す場合は、一時的に権利が証券会社へと移動しているので、そのまま戻ってこないという可能性は十分にあります。そして、信用取引を行えない可能性が高いという点もストックレンディングのデメリットです。

信用取引を行う場合は株式を担保に入れるので、株を貸し出す、担保に入れるという二つの行動を行うことは基本的に出来ません。株式の権利は投資家から証券会社に移動しますが、多くの場合は権利確定日には名義が元に戻るというシステムが採用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ