制度信用取引を利用した場合の決済の期限である絶対期日

空買い、空売りといった手法は信用取引と呼ばれています。信用取引には一般と制度の二種類が存在していますが、投資家の多くが使っているのは一般の方です。空買い、空売りの具体的な方法は二種類とも同じであり、証券会社に対してお金や株式を借りるという点も変わりません。

制度信用取引で扱われる銘柄は、証券取引所が指定した基準を満たしたものなので、信頼性が高いという特徴を持っています。一般信用取引の場合、証券会社から借りたものは原則として6カ月以内に返さなければいけませんが、期日などについては証券会社が独自に判断することも可能です。

一方で制度信用取引の場合はそのような判断が介在する余地はなく、契約から6カ月後の営業日までに必ず決済を行わなければいけません。
この、決済を行って証券会社に返済を行う期日のことは絶対期日と呼ばれており、絶対に見逃してはいけない日です。

基本的に、空買い、空売りといった手法を使う場合は、利益が出たら決済するケースが多めとなっています。更に儲けられるとは限らず、状況によっては逆に含み損を記録する可能性もあるので、そのようなリスクを取ることは殆どありません。

その為、期日に近付いても決済を行っていない場合は、含み損を出している可能性が極めて高い状態です。仮に、絶対期日がやってきても決済が行われていない場合は、証券会社により強制的に決済が行われるので、それまでに対処を行う必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ