先導株比率は上位の10銘柄の比率を表したもの

証券取引所で売買されている株式の出来高はそれぞれ異なります。その中でも、多くの方が知っている大企業や、良いニュースで取り上げられた企業、投資家の注目が集まる企業は取引量が多めです。先導株比率は、証券取引所で取引された総出来高の中で、上位の10銘柄の取引量の割合を指しています。

この10銘柄の中身については、その日その日で変わってくるので、特定の企業の勢いなどを示した数字ではありません。この数字は15%から30%の間で行き来することが多く、上位の10銘柄だけで出来高の2割から3割を占めています。

もちろん、もっと高くなることもあり、30%を超えている場合は大型株の取引量が多い、市場での人気を独占するような銘柄が登場しているといったケースが多めです。

先導株比率が30%を超え、高い状態の時には活気付いた市場と判断されることが多いものの、逆に15%を切るようなら、市場を引っ張っていくような銘柄が存在していない状態となっています。この状態が必ずしも悪いというわけではありませんが、けん引役がおらず、投資先の判断も分かれているので、動きが鈍く活気がない状態です。

先導株比率が急激に変化している場合は、市場の流れが大きく変わることも多く、注意する必要があります。この数字は1日毎に集計されているものの、1日単位で見ていった場合には一気に数字が上昇する、或いは下降することも珍しくありません。その為、多くの場合、6日か25日の移動平均が用いられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ