証券取引所で午前中の最後の売買を指している前引け

証券取引所は、午前と午後に取引を行っており、午前の取引は午前立会、前場と呼ばれています。そして午後の取引は午後立会、後場と呼ばれており、使用する用語がやや異なるのが特徴です。株式の世界で良く使われる言葉に引けがあり、これは最後の売買を表した言葉となっています。

午前の引けのことは前引けと呼ばれますが、午後の場合には後引けという言葉は使われないので注意が必要です。午後は、一日の全ての取引が終わることから大引けという言葉が使われており、午前とは区別されています。

インターネットでの利用が増えていることもあって、知らなくても投資は行えますが、条件付きの注文で使われることもあるので出来れば知っておいた方が良いでしょう。
投資を行う上で注文方法の使い分けは最重要のポイントであり、指定の値段になったら売買を行う指値、値段に関わらず売買を行う成行がスタンダードな注文方法です。

それ以外にも条件付きで注文する場合があり、証券取引所の時間に合わせた注文方法が存在しています。引け条件注文は、その名の通り引けに限定した手法であり、午前に注文を出した場合には前引けで売買されるのが特徴です。

同様に午後の場合は大引けに合わせて売買が行われ、頻繁に利用するものではありませんが抑えておく必要があります。また、何らかの理由で証券取引所が半日しか営業を行わない場合は、午前中であったとしても大引けが使われ、勘違いしやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ