子会社や部門と連動しているターゲティッドストック

会社の規模が小さい場合、株価に最も影響するのは業績です。しかし幾つもの部門が存在している大会社の場合は、好調なところ、不調なところと分かれます。そのような場合でも、株価は会社単位で評価されていましたが、1984年にはアメリカでターゲティッドストックと呼ばれる手法が初めて使われました。

ゼネラルモーターズが情報処理サービスを手がけているEDSを買収した際、EDSの業績と連動する株式を発行しています。この手法は子会社、或いは部門と連携するように設計して株式を発行するのが特徴であり、会社全体の業績が振るわない場合でも市場で評価を受けることが可能です。

配当や議決権などの権利が付いている普通株式とは性質が異なっており、付属の権利はケースによって異なっています。また、会社側にもメリットは多く、分社化を行う際に、支配権を持ったまま市場で資金調達を行えるので、組織の形態を大きく変える必要がありません。

ターゲティッドストックの他にレターストック、トラッキングストック、アルファベットストックという呼び名もありますが、どれも意味は変わりません。ゼネラルモーターズの例の後にはディズニーなどもこの手法を取り入れており、日本ではソニーが初めて導入しました。

2001年にソニーの子会社であるソニーコミュニケーションネットワークを対象とした株を発行しています。しかし、日本での例は非常に少なく、アメリカのようにターゲティッドストックが普及しているとは言えません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ