市場で行われる価格操作には高値形成などがある

今ではあまり注意として言われることも減っていますが、基本的に市場の価格については操作してはいけないようになっています。

物事の道理として行ってはいけないということは、大半の人がトレードをする際に理解されているのですが、昔から集団で価格操作される人たちというのはいるものなので、大まかにどのような行為をするといけないのかについても決まっています。例えば、高値形成や安値形成がそうです。

どちらも高値と安値に関する価格操作を行ってはいけないとされています。特に行ってはいけないとされているのが高値に関する形成です。今では、不公正取引という名目で監視されている部分でもあるので、昔のように価格操作できなくなっているのですが、それでも高値に関する形成については一部分では行われている状況であったりもするのです。

また、どうして高値形成がいけないのかというと、それは「簡単な方法で利益を確保できるために、何度も同じような行為を繰り返す危険性がある」からです。

安値形成の場合は、そもそも価格操作をされたとしても中々大きな下落を見せないという特徴があるので、先に価格を下げておいて買いに回ったとしても、単純に大きな利益が出るというわけではなかったりするからです。

高値に関する形成だと、安易に値段を操作したとしてもそれに合わせて値段が上昇する可能性があり危険です。このようになっているので、安値の方についてはあまり見られません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ