周りに影響を及ぼすことが少ないとされている立会外取引

立会外取引は、証券取引所の取引方法の1つとなっています。証券取引所は正確には金融商品取引所と言いますが、一般的には略されている方がよく用いられているので、主に証券取引所でそのような手段があると覚えておくといいです。

また、このような取引については通常のものと違って、立会内と違って別に行われる株式などの売買のことです。通常の売買については立会内取引となります。
立会内の場合には、通常取引内で売買を行っている場合に用いられます。

つまり、それ以外が立会外取引となってくるのですが、通常のもの以外で行われる場合には何をもって外とするのかというと、インターネットを使って対応されているかどうかで判断するようになっています。昔はインターネットなどがありませんでしたので、このような対応ができなかった為に、今では差別化も含めてこのような用語が存在するのです。

また、前述では外での対応が難しいのですが、対応そのものについては複数存在していました。例えば、銀行などの掲示板を利用する事により取引価格を知るという方法で、後は電話などで業者に対応をしてもらうようにお願いするという方法があったのです。

ただ、現代ではインターネットなどが無料に近い金額で利用できるようになっていますので、そのような方法についても廃れてしまい、形骸化したものを除くとインターネットのみとなります。対応そのものについても現代では初心者のトレーダーが行えるレベルのものが、多いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ