一般的な市場における取引については立会内取引となる

一般的なトレーダーがトレードをしている時間というのは、立会外と言われている時間となっています。立会内取引の場合は、通常の取引時間内でトレードの対応が行われるようになっているので、証券取引所が開かれているかどうかで取引できるかどうか決まってきます。

例えば、日本で有名な証券取引所には東京証券取引所がありますが、開始から終了については9時から15時までと決まっています。この時間外では、取引対応はしていないという意味になります。開始の際の相場については開始値と言われ、市場の対応が終わりとなってしまった際についた値段については、終値というようになっています。

このようにして立会内取引が行われているわけですが、トレードについても時間一杯までしか対応できないようになっているので注意しなければいけません。
例えば、投資家が証券会社に依頼する場合には、ラグが生じる点について理解しておかないといけないのです。

なので、すぐに対応してくれなかった場合については、基本的に取引が次の日に回されるということもありえます。また、このような業者の対応力については約定力という用語で判断されるようになっています。

約定力とは、実際のトレードが決まったタイミングで開始できるかどうかというもので、立会内取引の場合には特に重要な部分でもあったりするのです。後、立会についてですが11時31分から12時29分までは対応不能となっている点も注意しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ