初心者トレーダーにとっては優しい株が中位株

中位株は、株価の水準が中くらいの銘柄をいいます。銘柄とは、取引において取り扱われる商品のことです。証券会社などを通じて一般のトレーダーは取引を行っていく訳ですが、基本的に中位あたりの株を利用して売買をするのが基本となっています。

なぜこのような方法で取引をするのかというと、もうけというのは狙っていかないとそこそこでしか発生しないようにもなっているからです。
業者側としても、利益があまり出ないと会社そのものの利益とはなりませんので、できる限り中位株については意識をするようになっています。

また、一般的に季節ごとで有名とされている銘柄については中位でなかったりします。このような季節に関するものについては、あくまでも一時的に高い人気を誇っているだけです。なので、売上については急に下る可能性もあるので手を出さないケースが多いとされています。

その為、一般的な中位株とされている銘柄では、現在でトレンドとなっている株が用いられるようになっています。具体的には、「IT、製造、サービス」などが近年では高い評価を頂けている状態となっているのですが、やはり新しい事業が起きるのではなく、昔から変わらずに有名な業者が安定した経営をしているので、中位としての評価が高まっていたりします。

また、株価水準について高い場合には「値がさ株」と言い、株価水準が低い場合については「低位株」というようになっているので、初心者トレーダーであっても理解がしやすいとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ