株価水準が低い場合には低位株となり中程度は中位の扱いになる

株価には株価水準というものがあります。なにをもって水準としているのかというと、各銘柄の価格について平均を求め、その銘柄が全体に対してどの程度の水準に達しているのかで、水準の名称が定められるようになっています。例えば、「低い場合には低位株、中程度の場合には中位株」というふうになります。

こちらを確認しながらトレーダーは、どれであれば自分に合っているのかを考慮して、トレードを行っていく流れになっているのです。

また、低位株については水準があっても常に価格が同じという意味ではありません。例えば、最低売買単位となる一単元において、株価が300円以下のものを低位としているケースはありますが、あくまでも300円以下であれば「現状では低位と呼ぶに相応しい」だけです。

なので、場合によってはこの価格がズレていくケースも生じます。ただ、一般的なトレーダーについては中位以上を利用するように検討している場合が多いです。その理由は「もうけの発生と納得」で、低位株については食い違いが発生しやすいからです。

低位というのは、リスクも小さいのですがもうけについても小さいとなっています。トレードというのは、証券会社を介して行っているものなので手数料が発生するとなっている為、もうけについても一度の取引で多くないと困ってしまう場合が多いのです。

なので、値がさ株と言われている高い値がついている株で取引をするか、もしくは中位で取引を行っていくかの二択が一般のトレーダーでは多いのです。ただ、低位は価値が大きく上昇するという可能性も存在しますので、玄人には好かれている特徴もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ