安定した取引が期待できるディフェンシブストック

一般的にトレードで活用されている銘柄には決まりもあります。具体的には、ディフェンシブストックが有名なのですが、ディフェンシブについては「ディフェンシブ銘柄」といった通称も存在するほど、今では定着しているよく取引される銘柄です。

基本的に「安定している銘柄」であれば、ディフェンシブ要素に適っている、というふうに扱われますので、そのような銘柄をまとめて、ディフェンシブ銘柄と言っているだけなのです。また、その他のディフェンシブストックの特徴では、「景気動向に業績が左右されづらい」という特徴がありますので、景気が悪い場合にはよく買われることでも有名であったりします。

また、景気において後退期にはいっても価格が安定していることを「守りに強い」といいます。そのような特徴があるとされている点についてですが、一般的には「生活必需品である食品や薬品に関する企業」などが中心となって構成されているのです。

他の業種では、社会インフラや電力、ガスなどが当てはまります。過去においては鉄道会社についても守りに強い株のように扱われていましたが、現代では必ずしも移動手段がそれだけではありませんので、他の移動手段と関係性の高い企業についてもディフェンシブ要素の強い銘柄として扱われます。

ただ、通常と比較しても人気の高いもので構成されていますので、一単元で買われる場合の金額についても非常に高いものが多いという特徴もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ