VWAPと呼ばれることもある出来高加重平均価格

出来高加重平均価格は、VWAPとも呼ばれることがある証券取引所の平均価格です。一般的に金融商品取引所で知られている場所で、証券については扱われているのですが、価格については変動するようになっているので、平均価格についても種類分けがされるのです。

出来高加重の場合は、成立している売買で価格ごとの出来高で、加重平均した場合の価格となっています。加重というのは、以前より存在している価値に対して、更に加算する場合をいいます。

取引については、毎日行われていますので、少しずつ価値が変動していくために、このような計算が存在する、と理解しておくと、出来高加重平均価格についてはわかりやすいでしょう。また、どのような目的で利用されるのかについては、主に機関投資家や証券会社のトレーダーが扱う情報として利用されるようになっているのです。

毎日取引をしている人が扱うのに向いている情報でもあるので、必然的にあまり取引をされない人にとっては、どう扱っていいかわからない情報であったりもします。また、このような情報については、専門的なものでもありませんので、とある場所で簡単にチェックすることができるようになっているのです。

例えば、インターネットでも運営をされている証券会社がそうです。証券会社では、インターネット上で株価の相場をチャート化していますので、こちらでもどのような値動きなのか、が確認できるようになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ