特殊な機関やケースで用いられる投資主体別売買動向

投資主体別売買動向とは、投資家別に見た日本企業の銘柄に関する取引状況となっています。また、このような特殊な情報については利用する先についても、一般的なトレーダーではなく日本経済新聞社といった組織などで利用されています。

他に投資部門別売買状況というものも存在するのですが、こちらについては東京証券取引所で扱われている場合が多いです。
どちらにしても、売買に関する動向というのは一般利用されるケースが少ないのです。

というのも、現在の日本株式というのは外国人や個人、さらに安定して利用される相手では事業法人、金融機関、投資信託業者などが含まれているからです。過去では外国人や個人の参加というのはまれでした。

それもあって、動向というのは非常に探りやすい要素ではあったのですが、今では各種の相手が売買を行っている状況のため、このような分類別の情報が誕生したのです。また、取引についても当初と比較すると現在では複雑化している部分が多いです。

具体的には、「オプション取引各種、ETF、REIT、社債や先物に関する取引」などが全てで10種類以上も存在しています。これらについても投資信託業者別で情報がまとめられているような状態なのですが、近年では一般向けの統計も出されています。

そのような統計で有名なものに、日経平均株価があるのですが、こちらについては投資信託に関わっているサイトなどでも公表がされるようになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ