特別気配はチャンスにもピンチにもなります

一度に大量の注文が出ている状態は、相場において異常な状態です。ある程度の範囲であれば活性化していると見ることもできますが、度を過ぎると売買が成立しなくなってしまいます。そのときに相場の急激な変動を抑えるために、特別気配が出されるのです。このとき板情報には特という文字が出され、投資家へ知らされます。

売りと買いが同時に出ているなら、特に問題はありません。しかし売りだけであったり買いだけであったりする場合は、そううまくいきません。買いたい人だけが大量にいても、売ってくれる人がいなければどうすることもできません。逆に売りたい人がたくさんいても、それを買いたいという人がいなければ相場が停滞してしまいます。

特別気配の表示が出ると、買いのときには株価が上がり、売りのときには株価が下がるようになります。相場が正常化すれば解除されますが、上がり続ける状態ならともかく下がり続けるようになったときは、不安になってしまいます。

また解除された場合も注意が必要で、反動から一気に逆方向へ動くこともあります。ここでチャンスを得られるのかどうかで、最大限の利益を出せるか、もしくは最小限の損失で防げるのかが決まるのです。

どのような投資をしているのか、そしてどんな特別気配が出ているのかによって、対応策も大きく変わってきます。前触れもなく起こる可能性があるので、常日頃から細かくチェックすることが重要です。状況に置いて行かれず、柔軟な対応ができれば安心できるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ