アメリカと日本で少し違うトラッキングストック

特定の子会社・事業部門の業績や価値と連動するように配当を行う株式のことを、トラッキングストックと呼びます。もちろん株式の発行自体は親会社が行うものなので、そこで調達された資金は親会社へ入ります。

その目的は埋もれていた企業の価値を多く知ってもらうことであり、1984年にゼネラル・モーターズが発行したことがはじまりです。日本においては、2001年にソニーが発行したことがはじまりとなっています。名前の由来は、子会社や事業部の業績を追う「Track」からです。

トラッキングストックによる最大のメリットは、会社を分割することなく資金調達ができる点です。これは発行する側から見た場合のメリットですが、投資家側へのメリットもあります。

それは、その子会社や事業部へ限定した投資ができることで、親会社全体の事業リスクを負わずに済みます。ただしデメリットもあり、親会社の都合の良いように発行されることで、株主利益が損なわれてしまう可能性があるのです。

また登場してそれほど時間がたっていないこともあり、その仕組みが一般投資家に理解されていないこともあるため、広く浸透するまでには至っていません。アメリカでのトラッキングストックは、通信、メディアやコミュニケーション分野での事業部を対象としたものが注目されています。

日本の場合は登場した当初こそ関連法整備が不十分でしたが、商法改正によって発行が容易に行えるようになったため、日本版とも言える独自の形式として成長しています。一株一議決権で、親会社に対して行使できるところも特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ