市場に混乱を招く内部者取引は絶対にやめましょう

内部者取引とは、上場企業の役職員など関係者が立場を利用して社内の情報を知り、その情報が公表される前に株式の売買を行うことです。一般的にはインサイダー取引という呼び方で知られています。

この方法で取引が行われると、情報を得られない一般投資家との間に不公平が生じることや、証券市場の健全性が損なわれる恐れがあるため、金融商品取引法によって規制がかけられています。

自分が得た情報を参考にして売買を行うこと自体は、問題ではありません。そこで他社を出し抜けるほどの情報収集能力や分析力を持つことが、株式投資で成功するコツだからです。しかしこれは、あくまでも同じ条件にある場合の話です。

その人でなければ知りようのない情報を利用する場合は、公平性に欠けてしまいます。もっと分かりやすく表現するなら、ずるをしているわけです。よく知られている内部者取引は、禁止行為として決められている部分です。

しかし実際にはこの他に、予防規定として定められているものもあります。こちらは役員職を対象としたもので、自社株取引を行った際などに売買報告書を提出することが義務づけられています。ほかには自社の株によって得た利益を自社に提供することが会社側から請求できるというものもあります。

内部者取引を防ぐために、証券会社側でも内部者登録が求められます。違反をした際に罰を受けるのは本人ですが、この行為自体が金融市場に混乱を招く原因となるため、厳しく取り締まられています。うかつな行動によって多方面へ影響を与えることがあるため、十分に気をつけなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ