馴合売買はなぜ禁止されているのかについて知ろう

馴合売買とは、株式の売買において同じ価格で共謀した他人が、同じ有価証券の買いつけや売りつけをすることです。これによって対象銘柄の出来高を多く見せかけられますが、第三者に誤解を生じさせることから禁止されている行為です。証券市場はオープンなものであり、その場において人為的な操作をすることは禁止されています。

この行為が発覚した場合は、刑事罰と共に損害賠償の責任を負うことにもなるのです。同一の投資家が行う場合には仮装売買という物もありますが、馴合売買は複数人数で行われる行為のため、とても見つかりにくいという特徴があります。

あらかじめ約束をしたという証拠がなければ、たまたまそのような買い方で一致してしまったという主張が通ってしまうからです。もちろん絶対にバレないものではなく、これまでに発覚した事例は数多くあります。しかし分かりやすい証拠がない方法のため、潜在的にはもっと多くの人が行っているのではないかという疑いもあるのです。

馴合売買をすることによって、株の値上がりを誘引できるようになります。これは株式の人気の高さが出来高に表れるためです。複数人数で同時に買いつけを行えば、人気があると錯覚させられます。

そうなると注目されているものだと周囲が錯覚して、結果的に人気が上がるというわけです。相場操縦行為は厳しく罰せられるものなので、少しなら大丈夫だろうと考えても絶対にしてはいけません。少しの利益のために、それよりも多くの損をする可能性があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ