馴合い売買の仕組みと注意点について知っておこう

馴合い売買とは、売主と買主が共謀することで第三者へ誤解を生じさせる相場操縦方法の一つです。公正な価格形成を阻害して、一般投資家に被害をもたらすことになるため、記入商品取引法によって禁止されています。

すべての投資家が被害を受けるわけではないとはいえ、不測の事態をもたらす可能性を人為的に起こす方法は厳しく取り締まられているのです。
同時期に同じ銘柄について同数の買い注文と売り注文を行うと、売買による動きは起きていますが権利の移転は起きません。

つまり現状を維持したまま、その銘柄に動きがあると思わせられるのです。これは利益や損失確定の目的を持って行われる場合でも疑いが持たれます。共謀しているわけではなくても、そのような形になってしまう場合もないとは言い切れませんので、最初は注意で終わる場合がほとんどですが、最終的には取引停止などの処置をとられることになります。

多くの人が関わることから、株式市場はオープンな場でなければなりません。そんな中で馴合い売買のような方法をとっていることは、利益を生む可能性はありますが、それ以上のリスクを負うことになります。

発覚した場合は、刑事罰と共に損害賠償の責任も負うことになるからです。そのような形に取引が行われてしまうだけでも問題なので、何をしたら違反になるのかという知識は、しっかりと身につけておくと安心できます。よく分からないまま取引を開始して、注意を受けて戸惑う場合もあるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ