ハイテク株にはどんな業種が当てはまるのか

ハイテク株とは、いわゆる高度な技術力のことであるハイテクノロジーを持つ企業の株式です。これらは半導体、電子部品、情報機器、精密機械などが当てはまり、ほかには液晶やデジタル家電なども含まれます。これらに関連する銘柄のことを指しますが、同時に国際的な影響力を持っている優良株が多いことも特徴になっています。

高度な技術力というだけでは想像がしにくい部分もありますが、多くの人がよく知る先進的な技術を持った企業の株式と考えれば分かりやすくなります。もちろんその中には国内企業も数多く選ばれておりますが、一般的には知名度が高くなくても特定分野で注目されている銘柄がたくさんあります。

以前は銘柄コードからどんな種類の株式なのかが簡単に分かりました。しかし現在は、さまざまな分野に手を伸ばす企業が多いことから、ハイテク株には指定されていますが銘柄コードとは合わないという例もたくさんあります。

そのため実際にどのような技術を持っていて、どの分野で注目されているのかも含めてチェックしていく必要があるのです。
日本の企業は高い技術力を持っていることから、世界的にも注目されています。

しかし現在はアジア圏をはじめ、高い技術を持つ海外企業も増えてきました。それに加えて低コストでの生産が可能なことから、国内企業が押されている傾向にあります。そのためハイテク株は輸出関連株とも密接な関係にあるのですが、将来的にはどのようになっているのかが不透明なところもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ