売買回転率の特徴と出し方について知りましょう

売買回転率とは、株式市場において一定期間にどれだけの頻度で上場銘柄が売買されたのかを示すものです。この数値が高くなるという状態は、それだけ相場が活発になっていることであり、低くなると逆に停滞傾向にある場合が多くなります。

算出するための計算式は{(当期売却額+当期購入額)÷2}÷{(前期末時価総額+当期末時価総額)÷2となっており、数字さえ分かっていれば簡単に出せます。ただし算出方法には色々な式があるため、これ以外の方法を採用しているところもあります。

それぞれの銘柄の回転率を知ることは、どんな特徴があるのかを知ることにもつながります。回転率の高いものは値動きが激しく利益を出しやすいのですが、その反面下落をするときの幅も大きいため損失が出やすくなるのです。そのためハイリスクハイリターンな特徴を持つことになります。

このようなところからも、その銘柄の特徴が把握できるようになっています。
売買回転率が100%になることは、その一年間に全上場株式数に相当するだけの売買が行われたことになります。もちろんこれは銘柄によって100%を超える場合も多々あるため、あくまでも相当数の話です。

しかし考え方によっては、一年間で平均して一回は株主が入れ替わるだけの売買が行われていたということになります。そう考えると、どれだけ高い数値なのかが分かりやすくなります。東証統計月報や東証要覧などには月次や年次の数値が記載されているので、チェックしておくと参考になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ