売買高高関与と受け取られる売買はできるだけ避けよう

売買高高関与とは、特定の銘柄の市場関与率が高い取引のことを指します。これ自体は不公正取引にはならないのですが、あまりにも度が過ぎるものになると、そのように判断される可能性があります。

市場へ与える影響が大きいとはいえ、売買高が相対的に少ない銘柄の取引をすると起こりやすいことから、この状態になっただけで注意を受けることにはならないのです。

ここで気をつけなければならないのは、売買高高関与を継続的に行うのかどうかです。その意図がなかったとしても、何度も同じような売買を行っていけば、市場へ与える影響はどんどん大きなものになっていきます。そうすると株価に対して意図的な操作をしていると判断されてしまいます。

公正な取引を行うからこそ成立する市場において、そのような動きをする売買を何度も繰り返すことは、意図的な意思があると受け止められてしまいます。そのため重要なのは、まずこのような注意点があると知っておくことにあります。

売買高高関与は、意図的であるのかどうかが一つの判断基準になります。自分が意図したものではないので注意をされるのは心外だと感じる投資家もいますが、疑わしいと思われてしまう方法を避けることもマナーです。

一度目なら注意だけで済みますが、二度目ともなると信用取引停止措置がとられる可能性は高いのです。このようなリスクを避けることも投資家にとってのリスク管理の一つと言えるので、覚えておいて損はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ