バスケット取引とは、いくつもの銘柄をひとまとめにして一括で売り買いすること

バスケット取引とは、いくつもの銘柄をひとつにまとめて一括で売り買いすることを指しています。つまり、いくつもの銘柄をバスケットにまとめて入れて、ひとつの商品だとみなして売り買いすることとも言えます。これはパッケージ取引とも言われます。

証券会社がこの売り買いの委託を受けるときには、手数料もまとまったひとつの取引として、設定されるのが通常です。一般的には、15以上の銘柄でなおかつ1億円以上であるものが対象になります。

大口の投資家(ファンドあるいは機関投資家など)がインデックス運用の売り買い、ポートフォリオの銘柄の入替、または裁定取引にともなっての現物株の売り買いなどをするときに利用するものです。

しくみとしては、大口のファンドや機関投資家がいくつもの銘柄をまとめて買いたいとき、あるいは売りたいときに、その価格を指定し証券会社に注文を出して、注文が合意されると、証券会社のなかの自己売買部門が指定の銘柄を市場で買い向かう、あるいは売り向かうなどということになっています。

バスケット取引には、一般的に立会外取引および店頭市場がおもに使われます。市場(マーケット)が閉まっている時間帯であっても可能です。とりわけ前場が終了した後に行われるものについては、後場における市場の動向にも少なからず影響を与えることが考えられることから、「昼のバスケット取引」と呼ばれて市場に参加する人々からも注目を集めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ