発行日決済取引は、上場企業が新しい株を発行するときに投資家が実際に発行される日よりも前に売り買いを行う取引方法のこと

発行日決済取引とは、上場している企業が新しい株を出すときに、投資家が実際に発行される日よりも前に売り買いを行う取引方法のことを言い、発行日取引とも呼ばれます。

この発行日決済取引は、金融商品取引所(証券取引所)に上場している日本国内会社が行う株式分割や株主割当増資、公募増資などに伴って、一定の期間後に出されていくものの権利を持つ投資家が、実際に新しいものを取得するまでのあいだの価格の変動リスクを避けるため、新しいものがまだ出されていない段階で売り買いを行って、出された日から一定の期間が経過した段階で決済を行うことを指しています。

この発行日決済取引を実施している銘柄に関しては、新聞記事のなかでは「同新」と記載されます。新株というのは、既に発行済みのものを有している人たちに対し、割り当てを実施して新しく出されたもののことです。

これは、株式分割であったり、増資や合併、または株式交換などにより新たに出されたものを意味しています。また、この言葉の対義語として発行済みであるもののことを旧株と言います。一般的に新と旧の異なる点は決算期における配当額の違いのみであり、ほかはまったく同様の権利を有しています。

ただし、新においては配当についての起算日は出された日と決められており、日割り計算において期末の配当が旧のものより低くなるときは、新と旧については決算期が終わるまでは別の銘柄として売り買いされることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ