発行日取引とは、上場企業によって新株が発行されるときに実際の発行日に先駆けて売買が実施されること

発行日取引とは、上場企業によって新株が発行されるときに、実際の発行日に先立って投資家が売買を実施するという方法を指します。この発行日取引というのは、上場している日本国内の企業が実施する株式分割、株主割当増資や公募増資といったものに伴ったものです。

一定の期間が経過した後に発行されるものの権利を有している投資家が、実際に新しいものを手にするまでの間に、まだ新株が発行されていないうちに売買を行って、発行の日から一定の期間が経過したところで決済することを表しています。

これは何のために行うかというと、株価が変動する危険性がありますがこれを回避するためです。証券取引所というのは、株式あるいは債券といった有価証券、先物やオプションといったデリバティブなどの金融商品が集約されて売買が行われる専門のマーケットのことを言います。

さまざまな種類の金融商品における需要と供給とを照らし合わせて、それによってフェアな市場価格を形成させつつ売り買いを推進するうえでの重要マーケット機能を果たしています。

取引参加者と言われる資格を保有する証券会社などの金融商品取引業者であったり、登録金融機関であったりを通じて売り買いが行われるというしくみになっています。また、銘柄というのはもともとの言葉の意味は商品の名称・商標・ブランドのことを指しますが、マーケットにおいては一般的には売買の対象になる有価証券の名称のことを指します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ