多様な市場と種類分けが存在するのが香港H株

株というのは、市場によって扱いが変化する場合もあります。例えば、香港H株などがそれに該当となるのですが、香港の株についてはH株以外にも沢山の種類が用意されているので、全て1つのものでまとまっているというわけではありません。というのも、具体的な中国株の種類だけでも5種類以上存在するからです。

一般的に知名度の高いものでは、上海や深セン、もしくは香港に関する株で構成されています。香港H株については、中国株式においては代表的とされているものに分類されています。

中華人民共和国の香港特別行政区に存在する香港市場に上場している中国企業の株式となっているので、今ではよく取引において扱われることが多くなっているというのが特徴です。過去においては、レッドチップと言われているものについては、ベテラントレーダー位しか手を出さないというものばかりでした。

その理由ですが、もうかる際にはもうかるのですがもうからない場合にはもうからないからです。日本株式であれば、このようなことがあっても他の安定している銘柄でトレードするだけで問題ありません。

しかし、レッドチップとされている銘柄については、「その後どのように変化するのか」が不明となっているのです。つまり、ベテラントレーダーでさえ扱うのには困難な銘柄となっており、将来性についてもハッキリとしないケースが目立っていました。しかし、今では情報の公開なども安定しているので、そのようなリスクも減っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ