トレーダーによっては手を出さない香港レッドチップ株

中国株とされているものには、上海や深セン、もしくは香港などの市場で取引されているものが存在します。その中には、香港レッドチップ株とされているものもあるのですが、こちらは通常の株式とは違って、取引されるケースというのは限定的であったりします。

他の株式については、市場で一般的なトレーダーによって売買が繰り返されているのですが、香港レッドチップについては情報の整備が進み次第で取引されているのです。
香港レッドチップ株は、代表的な中国株とされていて、中華人民共和国の香港特別行政区の香港証券取引所にて上場している中国の企業の銘柄となっています。

日本でも同じように東京証券取引所で上場している日本企業が存在しますが、中国での大手企業というのはレッドチップにて取引されているというわけです。ただ、日本企業のものと比較しても大きな違いが複数あります。

例えば、レッドチップという名の由来ですが、中国共産党のシンボルカラーが由来となっています。アメリカの優良企業はシンボルカラーが青となっているのですが、このようにシンボルカラーというものが存在する点で日本とは違った特色をもっているのです。

また、シンボルカラーが存在するために、外国の市場においては人気の度合いについても違いが発生しています。過去においては低迷期もあったのですが、今では香港市場の活力になっている株式市場となっているので、数種類存在する中国株の中でも特に代表的な存在として扱われています。限定的な株のみ扱っている点が日本株との大きな違いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ