実際はたいして取引がされていないものを見せ板と言う

取引というのは、厳正に行われているものですが見せ板のようなケースも存在します。不公正取引の一種とされていて「見せ玉」と呼ばれる場合もあります。また、このような行為については基本的にはすぐに理解できるような取引である場合が多いです。というのも、見せという行為は主に売買状況に関してのものが多いからです。

具体的には、大量の注文を出しているところまでは正常なのですが、その後に取り消しなどを行っているのが顕著です。つまり、大量の注文で売買しているのではなく、キャンセルすることを主として売買しているだけなのです。これでは、実際の株式の値については変動しませんので問題が発生します。

というのも、取引上の情報では価格が動いているように見えてしまうからです。取引というのは約定とされている売買の締結により値段が変動します。しかし、上がった値段を購入するのをやめることで下げられると、後になって購入する側が不明瞭な状態で取引をさせられる結果となるのです。

その為、現在では見せ板に関する行為については監視されるようになりました。具体的には、「取引が活発に行われている株式」にて監視されているのですが、判断においては「大量の売買注文を出している、他社に相場の状況を誤解させる内容、寄付直前の取消行為、同一銘柄で偏った指値の売買が出されているか」などで判断されます。

また、このような行為を行っている顧客が発覚した場合は、顧客の預かり資産状況や利用規模などについても、取引ごとに確認されるようになったりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ