同じ市場利用者にとっては迷惑行為に該当する見せ玉

見せ板や見せ玉については、不公正取引として現在では市場で監視されている行為となっています。他にも不公正取引については種類が存在するのですが、一般的なトレーダーではなく大きな規模で取引されている人で見られる行為として、毎回の取引でよくチェックされている取引項目とされています。

どのような行為を見せというのかについてですが、主に約定の意志があるかないかが重要となってきます。大量の注文を出しているだけであれば問題ないのですが、その後に意図的にキャンセルをされている、もしくはキャンセルを繰り返したりしている場合に注意されるようになっています。

というのも、市場というのは常に動いているわけなので約定してしまうと、その時点からで銘柄の相場に変動が発生してしまうからです。実際のトレードにおいても、約定をしないのであれば早い段階で注文を取り消せばいいだけなので、意図的でない限りは約定についても発生しません。また、気配値などについて不当に動かす行為も禁止されています。

気配値というのは、関連性のある銘柄などの値のことです。他の銘柄がよく変化するようになると、トレーダーはそれに合わせて関連性の高い銘柄も購入するようになるので、意図的に売買注文を行うことで関連性のある銘柄の値を変動させることも禁止されているというわけです。

また、取引状況があまりにも見せ玉よりになっている場合には、顧客情報についても洗い出されるようになり監視が強まるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ