有配株と違い配当が存在しないとなっている株が無配株

株式投資は、無配株のような銘柄も存在するので、必ずしも「配当と株価上昇による利益」がセットになっているわけではなかったりします。通常の株であれば、株価格が上昇する度に利益が出るようになっていますので、後は好きなタイミングで売り抜けをするだけで問題ありません。

しかし、無配となっているものについては、肝心の配当が行われない銘柄になっているので、利益については株価上昇を意識して売買する必要があるのです。
なぜ、無配でも購入して頂けるようになっているのかというと、企業が戦略上でそのような無配株を意識するケースもありえるからです。

当然ですが、株というのは株式市場に登録されている企業側が発行をしています。ですが、新興企業などについては「成長がハッキリとしないケースが目立つ」ので、下手な配当を行わずに企業成長を目指すという約束で、無配の状態を保たれたりするのです。

そして、企業成長がかなった場合には、配当を発生させるようにするという流れになっています。逆に、そのような形で配当を控えるのではなく、必ず配当を発生させると約束しているものが通常の株式であり有配株とされているものです。

定期的に利益が出ている企業であれば基本的に有配株となっているのですが、企業の利益が低迷するなどして経営リスクが高まっている場合には、経営戦略として配当を出さないで対処する場合も存在していたりします。

ただ、有配となっている場合にそのような対応をするという割合については、かなり低いために大きく2つのタイプで分類されているとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ