猛暑銘柄とは特に夏季になると株価が高くなると予測される特定の株式証券

猛暑銘柄の銘柄とはその株式を発行している企業のことを指し、猛暑関連銘柄とも呼ばれます。

その意味はこれらの株式を発行している企業の業績が、暑い日が続く夏季には好調になり、したがって株価も上昇することが見込まれるということですが、これらの企業は夏のシーズンだけにその事業を展開しているということではなく、年間を通じて事業活動を展開しています。

その代表的なものとしては、特に夏季になると消費者の需要が高まる夏物商品・製品のメーカー、販売店、サービス業などで、さらに具体的には、ビールや清涼飲料、アイスクリームやシャーベット、夏物の衣料、エアコンや扇風機、日焼け止めを含む夏用の化粧品類、日傘や虫除け関連などが挙げられます。

しかし扇風機や夏物の衣料類はともかくとして、その他のものは特に夏に限定されたわけではありません。ここで言う猛暑銘柄とは、これらの商品、製品・サービスへの需要が夏季には一段と高まり、業績が好調になると予測される企業の株式のことです。

猛暑銘柄は気象庁の長期予報が関係していて、今年の夏は酷暑が続くと言う発表があると、投資家は一斉にこれらの株式を買いにまわりますが、逆に今年は冷夏だとなると買え控えもしますし、持っている株式を売りにだすこともあるようです。

しかし天気は自然現象ですから、冷夏の予想が酷暑になる年もあり、この辺りは投資家にとっては判断が難しいと言えます。いずれにしてもこのようなことを考えると、この種の銘柄はある意味では投機的な要素を含んでいると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ