安値形成とは株式市場で意図的な価格操作を狙う不当な取引の全般を指す言葉です

安値形成とは、公正取引委員会が指定する、独占禁止法で禁止されている不公正取引のひとつに該当し、株式市場で特定の銘柄の価格を安くしようと意図的に価格操作を狙う行為です。

これは公正な競争を阻害するおそれがあるので、例えば安値をつける取引を繰り返し、安値になった直後にその株式の売りを繰り返すのです。また、何日かにわたり継続して安値をつけることも不当な行為とされています。

このような株式の操作は一般投資家間での混乱を招き、株式市場の正常な運営を妨害するもので、特定の銘柄の企業にとっても極めて不利な状況をもたらします。一般投資家は自分が所有する株がどういうわけか安値になると不安になり、それを手放すことになりかねません。

しかし、その裏にこのような意図的な操作があることはなかなか分かりませんから、大きな不利益を蒙ります。また、狙われた企業にとっては、自社の株価が不当に安値になることは投資家からの信頼感を損ね、思い当たる節がないと手の打ちようがなくなります。

自社の株価がどんどん安くなるとその企業の業務全般に対する社会的信頼が低下しかねませんし、場合によっては社会不安を煽るようなことにもなります。

なお、この逆の場合もあり、それは意図的に特定銘柄に高値をつけて、それを反復することで、高値形成と呼ばれています。この両方ともが不当行為である理由はそれが意図的におこなわれる点にあり、明らかに犯罪行為に該当すると見なされるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ