有配株とは定期的に配当をおこなっている企業が発行する株式証券

一般的に「株をやる」「株に手を出す」という場合には、大きく分けると二通りの考え方があるでしょう。そのひとつはそれを買って保有していると数量に見合った配当金が支払われるからで、ほかには優待券などの特典も享受することができるからです。

もう一つは株式を商品に見立てて、その商品を安く仕入れて高く売り、その差額を儲けようという考えで銘柄を売買することです。このうちで、有配株とは、自社の株主に対して定期的に適切な配当金を支払っていることを指します。通常の場合、配当があるから購入者があるので、配当がないとその銘柄を保有している意義がないのです。

高利率の配当金があるからこその証券というのが本来あるべきなのです。企業は決算(年に2回、3月と9月など)を迎えると、その事業年度に生じた利益や蓄積された内部留保金から株主に還元しますが、それが配当で、それが高ければ定期預金以上の高利率での投資になります。

しかし、言われているのは日本企業の場合は、例え有配株でも欧米の企業と比較するといわゆる利益金の額が少ないことで、利益は十分にあがっていても、それを内部留保に回す傾向が見られました。

しかし、これでは株主軽視だと言う声が大きくなり、徐々にではありますが、株主還元を重視する企業が増え始めています。これは株主にとっては好ましいことで、まさに株式貯蓄という言葉が重みを持つことになります。ちなみに配当が無いのは、無配株と言います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ