寄り付きとは株式独特の用語で、証券取引所でその日の最初に株の売買が成立したことを指します

寄り付きとはすなわち「寄付き」で、日本語で書くと二通りありますが、英語ではOpenと言い、その意味するところは、証券取引所でその日の最初に成立した株式の取引を指します。また、時には売買が始まる時間帯のことを指すこともあり、普通の企業での始業時間と同じことです。

証券取引所が開いている時間は限られていますから、前日の業務では成約に間に合わなかった売買注文が残されます。そこでこれらの注文をさばくことになりますが、それには一定のルールがあり、時間もかかります。

すなわち、この時点での株式の売買価格の決定方法には、時間優先の原則(早い物勝ち)は適用されず、その日の立会い時間前までに出された売り買いの注文のすべてが同列に置かれ、価格優先の原則が適用されます。

これを「いた寄せ方式」と呼びますが、この方式はすべての売買注文を順次付き合せて行き、それが終了し、さらに成り行きの売り買い注文が処理された後で、注文が同じ価格になってはじめて、その価格での約定(売買)が成立するシステムです。

このように業務は証券取引所が朝開かれてから一定の時間が必要となり、付け合せの結果がすぐには出ないこともあります。

この様な場合は約定が成立するまでは寄り付きの時間帯ということになりますが、お昼休みがありますから、午前中での寄り付きを前場、午後を後場と言い、お昼前の終了を、「引け」、証券取引所が業務を終了することを「大引け」と言います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ