レターストックとは、特定の事業や子会社の業績と連動するようになっている株式のことです

レターストックは英語ではLetter stockで、「ターゲティッドストック」、「トラッキングストック」または「アルファベットストック」とも呼ばれる株式のことで、この株式は企業の業績や財政状態に直接反映する普通のものとは異なり、企業の特定事業部門や子会社の業績などを反映する株式を指します。

これは、親会社がその作亭の事業部門や子会社を支配下においたままで資金調達を行ったり、企業買収・起業分割をする際や、従業員に株券を譲渡したりできるメリットがあります。

どうしてLetter stock、すなわち手紙の株式という言葉を使うのかは不明ですが、別名のたーげテッドストック(Targeted stock)という言葉から察するに、これはある特定の分野(例えば子会社など)を対象として発行する株券(stock)だと解釈することができるでしょう。

レターストックの歴史は古く、例えばアメリカでは1984年にGM(ゼネラルモーターズ)が情報処理サービス会社のEDS(エレクトロニック データ システムズ)を買収した際に、EDSの業績と連動した株式であるGM-E株式を発行しています。これが世界初で、その後、ディズニーなどの有名企業もこのタイプの株式発行をおこない、次第に世界中に普及しました。

日本での例としては、ソニーが2001年6月に子会社であったソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネット・エンタテインメント)をターゲットとした、ソニー子会社連動株を発行したのが始まりです。ちなみに、これはのちにプレミアムをつけてソニーの株券に転換されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ